お墓についてのミニ知識

〜 お墓が完成したら 〜

 お墓が完成したら、お寺さんに来て頂き建碑式をつとめます。建碑式はお仏壇と同じように『開眼法要』とも呼ばれています。お墓が完成する見込みがついたら、日時を決めてお寺さんに来て頂くと共に主だった親族にも参詣してもらって、墓前でのおつとめをします。おつとめは、ご住職の読経中に参詣者全員が焼香ないし、お線香をあげて手を合わせます。おつとめの後は、みんなで会食を共にするのもよいでしょう。ただ建碑式は、亡き人の百か日法要や一周忌等の仏事に合わせてつとめられることも多いようです。

 法要の順番は以下の通りです。
1.亡き人の仏事
2.お骨納め
3.建碑式


〜 お墓へのお骨納めは喪主の手で 〜

 亡き人のお骨は、お寺等に安置したままにせず、早くて四十九日(お墓が既にある場合)遅くて一周忌あたりには、お墓に納めたいものです。遺骨は普通、白い陶器の骨壷に入れ、その上から白い布で包んであります。これを納骨の際(読経が始まる前)に墓石の下の納骨棺(カロート)に安置します。

 納骨の方法については、骨箱をそのまま納めることが多いようですが、納骨棺の大きさや土地の習わしによって、遺骨だけを納めたり、戒名や法名を墨で書いた白い布袋に入れて納めることもありますので、墓石店ないしお寺さんに尋ねておきます。
 
盂蘭盆会は彼岸会と同様、主に先祖供養のための行事ととらえられていますが、彼岸会とは大きく違うところがあります。それは、彼岸会では先祖の霊魂を彼岸に到らせようという想いが強いのに対し、盂蘭盆会では家に帰ってきた先祖の霊魂(れいこん)をもてなす意味合いが濃くなっている点です。
そしてこの「先祖が家に帰って来る」という部分が、帰郷の強い動機になっているのでしょう。しかし仏教には元々こうした教えはなく、日本古来の習俗に由来するものです。




サイト名: 信頼の石匠位認定店。滋賀県近江八幡市の石匠近江   http://e-148.co.jp